敏感肌にも合う化粧品が誕生|自信を持って外を歩ける

スキンケアをする人
化粧品

乾燥から肌を守る

肌が敏感になっている時の事を敏感肌と呼びます。敏感肌になってしまったら、化粧品もそれ専用のものを使うようにすると良いでしょう。配合されている成分はセラミド等がおすすめで、特にヒト型セラミドは肌に優しいのでひどい症状の人にもおすすめです。

女性の多くが感じています

女性

専用だから持てる期待

昨今、デパートの化粧品売り場や、ドラッグストアにインターネットサイトなど、さまざまなところで敏感肌用の化粧品がたくさん販売されています。これだけ多くの敏感肌化粧品が販売されている理由は、それだけ多くの人が敏感肌に悩まされているからと言っても過言ではありません。そもそも敏感肌とは、肌のバリア機能が落ちているために肌が刺激に弱くなり、肌荒れや発赤を起こしたり、化粧品を使うとピリピリして痛いといった状態になることです。敏感肌用化粧品が注目される理由は、これらの悩みを抱えた肌でも安心して使え、さらに状態を改善してくれる効果に期待が寄せられているのは間違いありません。そもそも注目される理由は敏感肌の人が多いからにほかなりませんが、なぜ多いかという点にも着目する必要があるでしょう。化粧品に注目している大部分は女性で、メイクによる肌への負担や、エアコンなどの空調による乾燥、さらにはストレスによる女性ホルモンのバランスの崩れなどが敏感肌につながっています。とはいえ、原因がはっきりしてもどれも取り除くことがむずかしいとなれば、専用に作られた化粧品で改善するしかないと考えるのも無理からぬところです。敏感肌化粧品の多くに保湿成分であるセラミドが配合されていますが、セラミドには水分と油分のバランスをうまく取ってくれる働きがあります。敏感肌に悩む人は、やはり敏感肌のために作られた化粧品に注目し、肌に合うものを選ぶ必要があるといえます。

スキンケアをする人

敏感肌のための化粧品とは

敏感肌の方は、保湿成分であるセラミド、特に人型セラミドを配合している化粧品を使いましょう。また、乾燥を悪化させてしまうアルコール成分やビタミンC誘導体、そして肌に刺激になってしまう香料の入った化粧品は避けましょう。パッチテストを行うと、自分の肌に合っているか確認することができます。

女の人

保湿力が高いもの

敏感肌の化粧品は、保湿力が高いことと、界面活性剤の配合量を最小限に抑えていることを基準に選ぶのが賢明です。また、サラサラしたものより、こってりタイプの方が効果があります。化粧品の相場は4000円から1万円ですが、経済的に負担にならず、継続して使えるものを選びましょう。