敏感肌にも合う化粧品が誕生|自信を持って外を歩ける

女の人
  1. ホーム
  2. 敏感肌のための化粧品とは

敏感肌のための化粧品とは

スキンケアをする人

保湿と低刺激が重要

化粧品を使う上で大事なのは、自分の欲しい効果のある化粧品を使うことと、自分の肌に合っている化粧品を使うことです。化粧品は長く使い続けなければ効果があまりないので、目的を合わせるのもそうですが、肌にあっていて使い続けられるものを選びましょう。敏感肌の方の場合、刺激が少なく優しい化粧品を選ぶ必要があります。また敏感肌の原因は乾燥なので、敏感肌用の保湿成分も含まれているものを選びましょう。敏感肌に優しい保湿成分は、セラミドです。セラミドとは人の持つ保湿成分で、敏感肌の人はセラミドが足りていません。なので、化粧品によってセラミドを補いましょう。この時より良いのは、人型セラミドという、人に含まれているのと同じセラミドを配合しているものを選ぶことです。そして保湿だけでなく、敏感肌に反応しないように刺激の少ない化粧品を使うことも大切です。敏感肌の方が気をつけるべき成分は、アルコール成分、香料、そしてビタミンC誘導体です。アルコール成分は、水分を奪ってしまうので、乾燥を悪化させます。香料は、天然のものでも肌にとって刺激となってしまうこともあります。そしてビタミンC誘導体は、美白効果があることで有名な成分ですが、皮脂を抑制する作用も持っているので、乾燥肌の方は逆に油分が減らされ、乾燥が悪化してしまいます。そして化粧品を選ぶ時、敏感肌用などという表示に惑わされてはいけません。そう書かれたものでも自分の肌に合うかは分からないので、必ず腕の内側でパッチテストを行い、大丈夫な化粧品か見るようにしましょう。